ツボ辞典は症状別にイラストで解説!

ツボ辞典

志室(ししつ)

志室(ししつ)の効果

志室は「腰痛」を軽減するツボとして知られていますが、腎臓の働きを活性化させるため「体全体のだるさ」にも効果的です。

また、志室はその位置的に腎兪(じんゆ)のサポートツボとしての役割もあり、女性ならば「生理不順・生理通」「便秘・下痢」「尿失禁」、男性ならば「ED(インポテンツ)」「早漏」などに有効です。

志室(ししつ)の場所

志室(ししつ)

志室は「ウエストの一番くびれたライン」の背骨中心から指4本分外側にあります。

くびれがよく分からない場合は「おへその位置」をウエストラインの目安にしてください。

また、志室と背骨の中間にある腎兪(じんゆ)のサポートツボとしてよく使われます。

そのため腎兪とあわせて刺激することで更に効果が期待できます。

志室の効果あった? アンケート

とても効いた!:13人

効いた気がする:3人

よく分からない:0人

あまり効かない:0人

志室の効果的な症状

志室の感想・体験談を投稿する

名前:
コメント:

志室に関するコメント

    コメントはまだありません

↑PAGE TOP